黒豆茶の効果・効能まとめサイト

オススメの黒豆茶はこちら!

*

黒豆茶は絶対に飲むべきお茶!ダイエットや美肌効果に!!

最近の健康茶ブームは凄いですよね。

健康茶の種類が多すぎてどれを飲めばいいのか迷うという方も多いのではないでしょうか?

そんな方に絶対オススメするのが黒豆茶。黒豆茶は健康にいいだけではなく、美容にも驚くほど素晴らしい効果が満載。

この記事では、そんな健康茶界のエリート茶『黒豆茶』がどうして健康に良いのか?

どんな効果があるのかなど、誰もが絶対に飲むべき黒豆茶の魅力を紹介します。

 

⇒『ダイエットや美肌になりたい方は絶対飲むべき黒豆茶はこちら』

 

黒豆茶とは?

黒豆茶とは大豆の仲間である黒豆を使用して作ったお茶の事。

豆、特に大豆といえば健康に詳しくない人でも体にいい栄養が含まれている事をご存知だと思います。

黒は大豆類の中でも特に体にいいものとして知られている。

その理由は皮にある。黒豆の皮にはアントシアニンが含まれている。

これは他の大豆にはあまり見る事ができない黒豆だけの成分。

お正月の料理黒豆煮として有名ですが、近年では黒豆の持つ栄養を手軽、且つ十分に摂取できる方法として黒豆茶が注目されている。

黒豆茶の効果・効能

黒豆茶には健康にも美容にも良い効果が満載。ここからは黒豆茶を絶対に飲みたくなる効果を紹介。

【効能1】抗酸化作用

黒豆茶にはポリフェノールの一種アントシアンが含まれている。アントシアンはブルーベリーなどに含まれる成分で抗酸化作用がある。抗酸化作用とは紫外線やストレス等で体内に発生する活性酸素を排除する働きの事。活性酸素がは老化やガン、動脈硬化の原因と言われている。黒豆茶を定期的に飲用する事で若々しい状態を保つ事ができる。

【効能2】美肌作りに最適

アントシアンには美肌には欠かせないコラーゲンを安定化させる働きが!黒豆茶を飲み続ける事によってコラーゲンが安定して促進され、みずみずしくプルプルのお肌に。

【効能3】ダイエット効果

黒豆茶にはサポニンという成分が豊富に含まれている。サポニンにはダイエットの大きな味方となる働きがある。体内に吸収されたブドウ糖は脂肪に変化する。それゆえにブドウ糖はダイエットの大敵と言われている。しかしサポニンにはブドウ糖が脂肪に変化するのを抑制するという効果を期待。

 

こんな嬉しい効果効能がいっぱいの黒豆茶

オススメの黒豆茶はこちら

ただいま紹介したすぎな茶の効果はほんの一部。実際にはまだまだ体にいい効果がたくさん!もう少し紹介いたしますね。

【効能4】眼の疲れを癒し視力を回復させる

ブルーベリーを食べると視力が回復するとよく言われますよね。それはアントシアニンの働きのおかげ。アントシアニンが含まれている黒豆茶にも同様の働きが期待できる。パソコンや携帯の使用で疲れた目を癒し、視力を回復させるの。

【効能5】更年期障害緩和・予防

黒豆茶にはイソフラボンと呼ばれる成分が含まれている。イソフラボンは大豆に含まれている事で有名ですよね。このイソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするので、更年期障害の症状を緩和させる。

【効能6】生理痛の緩和

ひどい生理痛は辛いですよね。そんなひどい生理痛が起きる原因は女性ホルモンのバランスの乱れという事がある。しかし女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンが女性ホルモンのバランスを整えてくれるの。

【効能7】不妊治療に効果的

黒豆茶は不妊治療にも効果があると考えられている。これもまたイソフラボンの女性ホルモンと同じような働きをするから。

【効能8】便秘改善

黒豆茶には食物繊維が豊富に含まれている。定期的に飲む事によって腸内環境を整えて、便秘に悩む事がなくなる生活になる。

黒豆茶には今回紹介した以外にもたくさんの効果・効能がある。これだけ健康にも美容にも効果があるのなら、飲まないという手段はないですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

黒豆茶のまめ知識

 

黒豆茶には副作用はあるの?

黒豆は大豆の1種。そのため大豆アレルギーがある方は飲用を控えましょう。また短い時間で多量に摂取するとお腹の調子を悪くする可能性がある。

また大豆イソフラボンのサプリメントと黒豆茶を摂取するとイソフラボンの効果で逆に女性ホルモンが崩れるという可能性もある。黒豆茶を飲んだ日にはイソフラボンのサプリを摂取しないようにしましょう。

嬉しいことに黒豆茶にはカフェインが含まれていません。そのため妊娠中の方も、授乳中の方も安心して飲むことができる。

適量を守って飲めば、黒豆茶は体にとっても良い影響をもたらしてくれる。黒豆茶は1日に2?3杯飲むのが適量と言われている。健康茶というのはたくさん飲めば、その分だけ効果が期待できるというものではありません。大切なのは少しずつでもいいので毎日長期間飲み続けること。

黒豆茶の淹れ方

黒豆茶はティーパックとして販売されているため手軽に楽しむことができる。1番のオススメの淹れ方は煮出して淹れる方法。ヤカンなどに1リットルのお水を入れて沸騰させる。お湯が沸騰したらティーパック1袋を入れて弱火で4分程度煮出すだけ。これだけで美味しい黒豆茶が完成。またティーパックは2?3時間ヤカンの中に入れたままにして置くと、味の深みが増すのでオススメ。コップ2?3杯分以上は作れるので朝に作っておくと便利ですね。

急須で入れる場合には蒸らし時間を7分頃と少し長めにするのが美味しい黒豆茶を作るコツ。

また少し疲れた時には砂糖やハチミツ、ミルクなどを加えて飲むのがオススメ。ベッドタイムに甘い黒豆茶を飲むと疲れも吹っ飛ぶ極上の一時になりますよ。黒豆茶を飲む時には様々なアレンジを加えて長期間飲めるようにすることが大切。

オススメの飲むタイミングは?

黒豆茶を飲むオススメのタイミングは食後30分以内。食後30分以内に摂取するとブドウ糖が脂肪に変化するのを防ぐサポニンが効果的に働く。そのためダイエット目的で飲んでいる方には食後に飲むことをオススメ。

その他にも長時間のデスクワークの合間に飲むとパソコンの使用からくる目の疲れを癒してくれるだけではなく、気分もリフレッシュ。

黒豆茶を飲んで体内から美しい体作りを!

今回紹介したように黒豆茶には素晴らしい効果がたくさんある。特に女性には不妊治療効果や生理痛緩和など美容以外にも嬉しい効果が満載ですよね。ネットショップの他にスーパーなどでも市販されているので、ぜひ今日から飲んでみてください。飲むだけで素晴らしい効果を期待できる黒豆茶とは賢く長く付き合っていきたいですね

農林水産省のホームページでは食料、食生活等についてのご相談が可能

黒豆茶のまとめ

黒豆(黒大豆)を原料としたお茶のことを言う。黒大豆は砂糖と醤油を使って煮豆にしてよく食べられる食材で、おせち料理には欠かせないものですが、近年ではコーヒーやココア、ジャム、納豆、きな粉などに加工されて販売されている。 黒豆は大豆と同様にイソフラボンが豊富。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることが知られている成分になる。良質なタンパク質は9種類の必須アミノ酸をバランスよく含まれており、糖分や脂質、アミノ酸やタンパク質に代謝に補酵素として働くビタミンB群、抗酸化作用のあるビタミンEなどが豊富に含まれている。また、ポリフェノールであるアントシアニン、カルシウムやカリウムなどのミネラルのほか、オリゴ糖や不溶性食物繊維も含まれているため美容やダイエットなどにも効果的なお茶といえる。 具体的な効果効能としては、イソフラボンのエストロゲンに似た働きによって更年期障害の症状を改善したり、骨粗しょう症を予防することが期待できる。アントシアニンは、血中コレステロールを減少する効果があるため動脈硬化のリスクが低下し、アントシアニンとビタミンEによる抗酸化作用が血中の脂肪酸顔防いで血液がドロドロになるのを予防し、サポニンや食物繊維、良質なタンパク質が血液をサラサラにしたりコレステロールの上昇を抑制する。 アントシアニンには内臓脂肪を減少させる効果もあるため、糖尿病を予防することも期待できる。 活性酸素は血液をドロドロにするだけではなく、シワやシミの原因となってしまう。抗酸化作用が活性酸素を除去して、イソフラボンがコラーゲンやヒアルロン酸などのうるおい成分を生成するのを促すため美肌効果を得られる。 また、食物繊維やオリゴ糖などは腸内環境を整えるのに役立つことから、便秘の解消やデトックスにも効果的。 効果的な飲み方としては、黒大豆を大さじに山盛り一杯分をそのままカップに入れて電子レンジに1分半から2分ほどかける。表面の黒い皮に裂け目が入って香ばしい匂いがしたらレンジから出し、そのままカップに熱湯を150?200ミリリットル注いで蓋をして五分蒸らせば完成。 またティーパックで飲むことができたり、黒豆きな粉をお湯に溶かしても同じ効果が得られる。 そのまま普通に飲むだけでも効果的ですが、出がらしの豆も塩をふって食べたり、フライパンで炒めて醤油と唐辛子で味付けをしても美味しく食べられる。

更新日:

Copyright© オススメの黒豆茶はこちら! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.