黒豆茶の効果・効能まとめサイト

オススメの黒豆茶はこちら!

*

未分類

ポリフェノールって妊活に必要?

投稿日:

ポリフェノールって妊活に必要?

ポリフェノールが多く含まれる食材は?

身体へのお有用な側面が研究の結果、明らかになり最近ますます注目をあつめているポリフェノール。植物に含まれている色素や苦味や渋みを感じさせる成分のことが多く、自然界には4000種類以上も存在すると推定されています。

その驚くべき有用性から各種のサプリメントにも含まれていますが、食事などを中心に摂取するのが本来のあり方です。

それではポリフェノールを豊富に含む食材にはどのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

単純ポリフェノールは、植物性の食材には全般的に含まれていますが、ブロッコリーやグレープフルーツなどの野菜や果物類には多く含まれています。

大豆イソフラボンなどもよく耳にする機会がありますが実はこれもポリフェノールの一種です。豆腐や納豆などの大豆製品全般もたくさん含んでいます。

またお茶やコーヒーなどの嗜好品にも豊富です。

100グラムの単位量で配合量を比較するとポリフェノールを多く含んでいるのは、ココアやウーロン茶・コーヒーなどの古今東西のお茶類全般はトップクラスです。

それらについで多く含んでいるのはアスパラガスや菊菜や赤ピーマンなどの色味が強いものになります。
このように多品種に含まれているので、食材の種類を出来るだけ多く選択することが大事です。"

ポリフェノールはどんな働きをするの?

ポリフェノールが身体に有用性が高いとされているのは抗酸化作用が強いとされていることです。

生命活動を行う中で酸素を消費すると、活性酸素が発生します。

活性酸素には酸化力が高いので血管内壁などにダメージを負わせ全身の血管にダメージを与えるので老化を促進させたり、動脈硬化や糖尿病などの抹消血管のダメージがきっかけになる病気の原因にもなっているのです。

またポリフェノールはいわゆる「妊活」との関連でも注目されています。

つまり妊娠を成功に導くにあたっては栄養面でポリフェノールを積極的に摂取することが推奨されています。

とりわけポリフェノールが注目を集めるのは冷え性改善作用を持っていることによります。

冷え性は主に子宮やその周辺の臓器や血管の血行が停滞している状態をさします。

血液循環が十分行われていないことで卵巣などの内分泌機関も正常に機能することが難しくなります。このような状況にポリフェノールを補給することで活性酸素排除などの作用で血液の循環が良好に変化することが期待されます。

特に受精卵は胎盤によって成長を続けるわけですが、そのためには血液循環が良好になっていることが必須です。

そこで血液をサラサラにして血行を良くして冷え性を解消に導くので妊娠にポリフェノールは重要だと考えられています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© オススメの黒豆茶はこちら! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.