黒豆茶の効果・効能まとめサイト

オススメの黒豆茶はこちら!

*

未分類

大豆イソフラボンとは?その効果効能

投稿日:

大豆イソフラボンとは?その効果効能

大豆イソフラボンとは?

大豆イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノールの一種で、強力な抗酸化作用を持っています。

抗酸化作用があるので、大豆製品をたくさん食べて積極的に摂取することで加齢やストレスなどで増加する活性酸素を除去する効果が期待出来ます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

活性酸素は体を酸化させて錆びさせるという厄介な性質を持っている物質で、老化の原因となります。

乾燥やたるみやシワやシミやくすみや毛穴の開きなどの肌の衰え、糖尿病やメタボリックシンドロームや高脂血症や高血圧や動脈硬化などの生活習慣病、白髪や抜け毛や薄毛や骨粗しょう症や視力の衰えや脳の衰えや関節の痛みなどの老化現象は、活性酸素の増加が大きく影響しています。

活性酸素を取り除いて体が酸化するのを防ぐことが、老化防止につながります。大豆イソフラボンはアンチエイジングに大きく役立てることが出来る成分です。

ビタミンCやビタミンEやコエンザイムQ10やアスタキサンチンなどの抗酸化作用を持つ成分と一緒に摂取すると、相乗的な効果も狙えます。

大豆イソフラボンは大豆に含まれる成分ですので、日頃から積極的に大豆製品を食べることが老化防止への近道となります。大豆製品を食べる機会がない人や苦手な人は、サプリで摂取するという方法がおすすめです。

大豆イソフラボンはどんな働きをするの?

大豆イソフラボンの特徴的な働きとして、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするというものがあります。

エストロゲンは加齢とともに減少していきます。

排卵後に黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌されることでも減少します。

閉経を迎える40代以降の女性が更年期障害に悩まされたり、生理前のつらい月経前症候群の症状に悩まされたりする原因は、エストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れです。

便秘やむくみや肩こりや腰痛や頭痛や冷え性や不眠や自律神経の乱れや顔の火照りや発汗や肌荒れやイライラや情緒不安的や集中力低下などの不調に悩まされているという女性は多いのではないでしょうか。

そんな女性の強い味方となってくれるのが大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンを積極的に摂取することで女性ホルモンのエストロゲンが増えてホルモンバランスの乱れが改善されれば、更年期障害や月経前症候群のつらい症状も自ずと緩和されます。

納豆や豆乳や豆腐や豆乳などの大豆製品を積極的に食事メニューに取り入れて、大豆イソフラボンを意識的に摂取しましょう。

大豆イソフラボンが配合されているサプリメントも様々なメーカーから市販されていますので、食事で摂取するのが難しい場合はサプリを活用するのもおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© オススメの黒豆茶はこちら! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.